二千十五年三月

一日
ぼんやり気持ち悪いなと思いつつニトリに行ったり異様に肉厚な刺身を食べたり。
どんどん自信ない。
かかないとダメなような、今かいてもしょうがないような、よくわからない感じ。
新しいゴミ箱を買ってピンポイントに気分はいい。でもフタつきが本当はよかった。

二日
ちいさい飴舐めるというよりはガリガリ食べてそれが今日。感情と集中はコントロールできやしない。(したい)
夜な夜な練習、でもどうにもならないしどうにも。
余計なことをしまくって?
んわっ!て寝言で起きる毛玉。
もう何にも言わないことにしようと思うのはこれで何回目だかわからないけど、クソ
残った体力がないのをしみしみと感じる丸。日光エド村きてちょんまげ

五日
弟とエベレストでカレー食べて、北口モスで作業。
犬がうるさくてねれね〜し

十八日

バキバキされて、プールでひとしきり泳いだあとみたいだ。
頭がすこしくわくわしている。色々と面倒な手続き、めんどうな役回り。
死ぬかもとも一応考えたりするし、無駄ではないはずだ。
もとをとったこと、全てそう。

 

TOP

inserted by FC2 system